2学年有志が『宮城県仮設住宅応援掲示板』を製作しました!

HOME > 新着情報 > 平成25年度2学期>2学年有志掲示板製作
 2学年有志18名の生徒が、東日本大震災の被災者を支援しようと宮城県登米市南方応急仮設住宅の集会所に贈る掲示板2基を製作し寄贈しました。

製作過程

5月24日(金)
アルミ枠溶接
6月14日(金)
アクリル扉製作
6月17日(月)
アングル取付け
6月21日(金)
アルミレール取り付け
7月16日(火)寄せ書き 7月22日(月)イラスト書き

寄贈先 宮城県登米市南方応急仮設住宅

宮城県登米市南方町鴻ノ木35-1  姫路から車で1002.8Km
 主に南三陸町からの避難者の方々が生活しています。建設時期は2期に分かれて現在350戸。高齢化率25%で住民の1/4が高齢者です。

「2013夏 とうほく生き方研修」平成25年8月7日~8月8日

 8月7日から実施した研修で、仮設住宅に掲示板を設置しました。 設置終了後、自治会の皆さんと交流し意見交換を行いました。 掲示板の輸送は、「ひょうごボランタリープラザ」とタイアップし、神戸→仙台をボランティアバスで輸送していただきました。
↓仙台→宮城県登米市は軽トラで輸送 ↓まずは住民の皆さんと寄せ書きと記念撮影
↓作業中の様子 ↓掲示板の前で記念撮影
↓完成した掲示板① ↓完成した掲示板②
 この掲示板は、製作に携わった生徒の皆さん、材料を寄付していただいた本校職員、近隣企業の皆さん、運んで頂いたひょうごボランタリープラザなど、手をさしのべて頂いた皆様の「復興への思い」がぎゅっと詰まった掲示板です。ご協力頂いた皆さま、有り難うございました。 仮設住宅の皆さまが、早く南三陸町へ帰られることを願っています。

平成25年(2013年) 7月31日(水) 神戸新聞 姫路版

戻る
 

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111