生徒大会


 生徒大会では、平成23年度の会計報告と平成24年度の予算報告が生徒会執行部から全校生徒に説明がありました。
 また、部活動全体の目標と、各部の今年度の取り組みについての紹介がありました。

平成24年度 部活動目標 「凡事徹底」

各部の取り組み
■野球部
当たり前のことを当たり前にする。その当たり前のことを人が真似出来ないくらいに一生懸命やっていくという言葉の意味を考えて、野球部員一人一人が自覚を持って行動していきます。「あいさつ」「返事」はもちろん、毎朝やっている「掃除」一つでも一生懸命取り組んで、全員が「凡事徹底」の意識を持っていきます。
■バレーボール部
僕達バレー部は、津田先生・野阪先生・川口先生のご指導のもと、日々全国大会を目指して頑張っています。あいさつ・礼儀など人間性を高めて、バレーボールを通して何を学べるのかを考えながらやっています。校門前の一旦停止、服装など当たり前のことをきっちりとやり、応援される部にしていきたいと思います。
■ソフトテニス部
僕達ソフトテニス部は土井先生、望月先生、古川先生のご指導のもと全国大会を目標に日々練習に励んでいます。ソフトテニス部では技術面だけでなく人間性も鍛えています。今年度の部活動目標「凡事徹底」を実行し、周りの人から応援される部活にしていきたいです。
■バスケットボール部
部活動の目標が「凡事徹底」となったということで、バスケ部としては「準備・片付け・掃除」に力を入れます。体育科の宮田先生が持ってくださっている部活のキャプテンとして、一番簡単ですが一番おろそかにしてしまう部分を残り1ヵ月余りの3年生に、そしてこれからがある後輩達にその重要性を伝えていき、全員で体育館をキレイにしていきます。
■サッカー部
部活動目標の「凡事徹底」に向かって日々の練習に取り組むのはもちろん、一人一人が「あひる」を徹底的に行い、姫工生としての自覚をしっかり持った上で、サッカー部での活動を頑張り、日々成長していきたいです。
■ラグビー部
遠征に行く時などに電車を使うので、マナーをしっかりと守り、他人に迷惑をかけないようにする。姫工生としての自覚をもち、あひるをしっかりする。
■バドミントン部
凡事徹底とは「何気ないことでもそれを徹底してやり通す」という意味です。これはまさにアヒルを徹底して実行するということだと思います。部の目標である「学校一の部活動」を達成するためにも、意味のあるあいさつや服装の徹底などの取り組みをしていきたいです。
■卓球部
凡事といっても色々とありますが、卓球部の具体的な取り組みとしては、「道具を大切に扱う」です。物凄く当たり前の事ですが、実行している部員が少なく、プレーにも影響してくる事だと思うので、今のチームだけではなく、1年生にも浸透していくように取り組みます。
■陸上競技部
県大会・近畿大会に出場するために、日ごろの「あいさつ」「礼儀」を徹底して行うことです。グラウンドや道具を使えることに感謝し、先生に言われることを素直に聞くことができるようになるからです。グラウンドを借りている地域の人々から応援していただけるような部活にしたいです。
■柔道部
「凡事徹底」をするためまず最初に、部活動をしている身の回りの掃除や、物の整理整頓をしたいと思います。「凡事徹底」することによって、練習をより集中することができたり、事故やケガなどが減ると思います。
■剣道部
剣道部では目標の凡事徹底に向かい、あいさつや掃除など日々の生活にかかせないことを一人一人が意識して徹底的に行い姫路工業剣道部としての自覚を持って稽古に取り組んでいきたいと思います。また、剣道部として目標を達成する為にも、基本をおこたらずコツコツと取り組んでいきたいと思います。
■水泳部
部活で使用した物を元通りにあった所へ戻す。練習が始まる時のあいさつをきちんとする。
■空手道部
・部活動を始める前の掃除をする
・物を大事にする
・人の話を聞く
・部活ができることに感謝する
・あいさつを元気にする
■山岳部
1年生も入ってくるので、私たち2、3年生が普段のささいな事から見直し、部活動の先輩として手本になれるように努めたいと思います。これは山登りにも言えることで、特に高山などにおいては、ささいなミスが登山の妨げになったりもします。常に小さなことに気を配り、緊張して部活に励みたいと思います。
■美術部
毎年冬にある西播美術展に向けて各自、自分の出しきれる力を最大限出しきって作品制作に取り組んでいきます。また春にある「ぺ展(美術部の作品展)」でも手を抜かずに精一杯頑張ります。外部から依頼の壁画にも積極的に取り組んでいきます。
■園芸部
僕たち園芸部は、花の植え替えや、種を植える時など作業をする時に、一つ一つ丁寧にするよう心がけていきたいと思います。そして学校全体を緑豊かにして、充実した学校生活を送れる環境にしたいと思います。
■写真部
撮ったときの感動を人に伝える為、作品づくりに時間をかける。積極的に撮影に行く。カメラに備わっている機能をフルに活用して、今までにない写真を撮る。県の3つのコンテストだけでなく、様々なコンテストに出品する。
■演劇部
・自分たちが部活を楽しむ
・あたりまえの事をきっちりやる
・感謝の気持ちを忘れない
・何事にも意識を向ける
・ON/OFFの切りかえ
・表情を豊かに
■茶華道部
一つ一つの所作に「迅速に・正確に・美しく」を心がけます。
■計算技術部
練習の始まりと終わりのけじめをしっかりつけ、1回1回きちんとあいさつを行っています。まず1人1人の気分を高め全体の雰囲気を良くし、新たなひらめきを得られる環境づくりをしています。そして毎日使わせていただく教室に感謝し、きれいな状態を保ってよい結果が出せるように一人一人の意識を高めています。
■ESS部
凡事徹底ということなので、まず第一にあたりまえのあいさつをしっかりする。次に、服装を正す。そして部活をする部屋への入退出のあいさつなど、細かいことであってもあたりまえのことをあたりまえにできる部活にすること。
■文芸部
小さなことにも気配りできる心をもち、作品製作に取り組みたいと思います。「凡事」を「凡事」と思わない心を育てたいと思います。
■放送部
自分の担当の曜日を把握し、仕事を忘れないようにする。また小さなミスをしないように心がけ、姫工生としてあひるの実践につとめる。
■音楽部
・3S活動に取り組む
・良い雰囲気作りをする
・あいさつをしっかりする
・報連相の徹底
■アマチュア無線部
国内・海外のアマチュア無線愛好家との交信を目標に、数十年振りに活動を再開しました。電波の送信を行うために、まずは4級アマチュア無線技士資格を取得し、後に上級の資格取得も目指します。そして他校のアマチュア無線部や、遠方のアマチュア無線愛好家とコンタクトを取り合い、QSLカードを交換します。また夏休みには、小型人工衛星試作機の電波受信実験に、協力校として参加する予定です。
■軽音楽部
アヒルや、一旦停止の呼びかけ実施。器材部屋を正しく扱い、清潔を心がける。部員同士、先生との交流で正しい言葉使いや礼儀を学ぶ。
■囲碁将棋部
集中して練習をし、県大会でベストを尽くす。
■機械研究部
部活動がある日は、毎日始める前と終わりに部屋のそうじをする。自発的な行動を徹底して、部活の活性化に努める。
■溶接技術部
僕達、溶接技術部は溶接科にある工場をお借りして活動しています。工場の中には、危ない機械があり、私達は常に細心の注意を払って作業をしています。そして今回の目標に基づき、さらに安全面への徹底を意識して活動していきます。
■コンピュータ部
敬語の徹底とあひるの徹底をします。
■チアリーダー同好会
姫工生を応援し頑張ってもらうため、私たちチアリーダー同好会は挨拶や礼儀、身だしなみなど普段からきちんと整え、部活と学習面をきちんと両立させることを日々意識し、取り組んでいます。これからも凡事徹底を心がけ、多くの人に必要とされるチアリーダーで居られるように努力します。
■応援リーダー
・あひるの徹底
・何事にも全力で取り組む
・部室の整理・整頓
・マナーを守る
・健康管理の徹底
・心に届くような大きな声を出す
・常に前向きな気持ちで素直に頑張る
■化学同好会
化学実験では、危険をともなうことが多いので事故が起こらないように普段から基礎基本の徹底に力を入れています。また、部員の心構えとしては工業化学科棟を活動の場とさせて頂いていますので、感謝の気持ちを忘れず清掃や整理整頓をしっかり行うようにしています。
■ボランティア同好会
少しでも人の役に立とう、何事にも最後まで熱心に取り組むことが私達の目標です。姫工内の清掃や古切手収集、姫路城の掃除などをやらせて頂いています。どうしたらもっと良くなるのだろうかを考え、部活ができることに感謝して一生懸命、活動に取り組んでいます。
■電気研究同好会
・部室を来たときよりも美しく清掃する
・使用する機器や工具などを大切に扱う
・元気なあいさつをする
・体調管理をしっかりとする
■電子機械研究同好会
・時間を守る
・ON/OFFの切り替えをきっちりする
・自覚を持った行動をする
・周囲に気を配れるようになる
・作業時には緊張感を持つ
 
 
 

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111