活動目標

動物と接することを楽しみながら動物を理解し、その上で自分で目標をみつけ実行することを目標としています。また忍耐力や精神力をやしない、「がまん」と「しんぼう」を学ぶのも目的のひとつです。

活動内容

◆1~2年の1学期までは、特に2年次の職業体験実習を目標におき行動します。

まずは、牛に慣れるところからはじまります。牛を怖がらずに牛の動きを観察すること、牛をスケッチしてみること、さわってみること、牛の反応を観察すること、ブラシをかけ、牛の耳掃除、ヘイキューブやりを体験します。

牛のコントロールも訓練します。体側、サンポ(右、左、止まれ、進め等)、搾乳時の立ち位置を学びます。

搾乳作業に慣れ、自信を持って搾乳でき、牛がいやがらない作業ができるようになります。

また、牛の気持ちを理解することも大切です。頭絡を作ったり、引き綱を作ったりする活動を通じ、牛が気持ちよく生活できるように考えます。

活動の中で、体力向上や筋力アップにもつとめましょう。


◆2年~3年生は、それぞれの目的にあわせて活動します。

【目標の一例】

体側、飼料管理、出産介助、道具の作成(耳掻き、カウベル、牛床の加工、保定枠、削蹄用具)、堆肥の有効利用(野菜、花など)、日陰樹(日陰ができるもの)、その他自分で考えた目標

INFORMATION

2011-05-16
ミルクファーム同好会のサイトを制作しました。
ページのトップへ戻る