稲美町の「地域未来塾」の取組が新聞で紹介されました
8月19日(土)稲美町の交流施設「つどいの館」で行われた「地域未来塾」が神戸新聞で紹介されました。
県では、「地域学校協働活動」として、学校と地域が連携して子どもの学習支援や社会教育の充実を図るため、 子供たちの学習支援を行う「地域未来塾」や土曜日の教育活動、子どもの体験、交流活動を促進する「放課後子ども教室」、 授業等の学習補助や登下校の見守りなどの「学校支援活動」の充実に取り組んでいます。

掲載(「神戸新聞NEXT」):https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201708/0010477419.shtml