平成27年度自然学校推進事業実施について      
       
 趣旨       
  学習の場を教室から豊かな自然の中へ移し、児童が人や自然、地域社会とふれ合い、理解を深めるなど、長期宿泊体験を通して、自分で考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する力や、生命に対する畏敬の念、感動する心、共に生きる心を育むなど、「生きる力」を育成することを目的とする。      
       
 実施対象      
  小学校5年生の児童      
       
 実施日数等      
  4泊5日以上とする。ただし、4泊5日の場合は、事前(事後)体験活動を充実させることとする。
実施日数については、小学校段階における体験活動を充実する観点から、「環境体験事業」との系統性や関連性を踏まえるとともに、地域や学校の実情に応じ、各学校が創意工夫を生かした取組となるよう留意すること。
     
       
 実施内容      
  (1)日常生活では味わえない感動体験など、自然学校で指導することにより、効果が上がる活動を行う。      
  (2)施設に宿泊し、周辺の自然についての学習や地域とのかかわりのある活動を行う。      
  −活動例−      
   ○自然観察       ○登山、ハイキング  ○オリエンテーリング      
   ○ナイトハイク        ○星空観察  ○自然の素材を使ったクラフト      
   ○「隠れ家」づくり      ○川遊び   ○野外炊事      
   ○テント泊  ○キャンプファイヤー  ○魚釣り      
   ○カヌー・カッター体験  ○課題研究(環境・気候・生物・産業・歴史・文化財・民話等)       
   ○伝統工芸・芸能学習  ○勤労体験(農林業等)  ○福祉施設との交流      
   ○国際交流体験  ○奉仕活動        
       
 利用施設      
  実施校の活動計画に基づき、それに適した県内の施設を選定するものとする。      
       
 指導員等      
  自然学校の効果的な実施を図るため、教員の外に体験活動の指導に当たる指導員、その補助に当たる指導補助員及び救急員を置くものとする。      
     
      トップへ      もどる