平成30年度 播磨東地区学校給食衛生管理推進研修会
8月7日(火)、いなみ文化の森 ふれあい交流館において、播磨東地区学校給食衛生管理推進研修会を開催し、管内の栄養教諭、調理員、栄養士等201名が参加しました。
稲美町からの実践発表では、地産地消や衛生管理、異物混入防止、食物アレルギー対応について報告がありました。
加古川健康福祉事務所 食品薬務衛生課の鈴木主任による講演では、全国における食中毒の発生状況や食中毒の種別が明示され、その特徴が参加者に説明されました。中でも発生事例の多いノロウイルスについてはその予防についても詳細に説明され、参加者にとって日常の衛生管理を見直す機会になりました。

写真1

実践発表
(稲美町立母里小学校 神足調理員)

写真2

講義
(加古川健康福祉事務所 鈴木主任)