平成30年度学力向上に向けた授業づくり実践研修
(算数・数学科)
8月6日(月)、小野市伝統産業会館において、平成30年度学力向上に向けた授業づくり実践研修(算数・数学科)を開催。管内の小・中学校算数・数学科担当教員199名が参加しました。
事業説明では、「ひょうごつまずきポイント指導事例集」を活用した授業改善のため、冊子の構成や活用法、各校での全国学力・学習状況調査の結果分析での活用について説明しました。
講義では、岡山理科大学教育学部 黒ア 東洋郎 教授を講師に迎え、算数・数学科で育む資質・能力について解説いただくとともに、論理的思考力や批判的思考力の重要性や対話的で深い学びを実現するための視点等についてご教示いただきました。

写真1

写真2

講義「算数・数学のESD教育〜対話的な深い学びへの挑戦〜」
   岡山理科大学教育学部 教授  黒ア 東洋郎