平成29年度播磨東地区第2回防災教育研修会
10月26日(木)、三木南交流センターにおいて、平成29年度播磨東地区第2回防災教育研修会を開催。 市町立小・中・高・特別支援学校及び県立学校の防災教育担当者234名が出席しました。
「防災教育副読本『明日に生きる』を活用した指導について」の講義では、 平時より積極的に副読本を活用することで、児童・生徒の防災意識を高めていくことについて確認。 実践発表では、姫路市立鹿谷中学校の取組を聞き、生徒会が主体となった防災教育について理解を深めました。 講演では、兵庫県立大学減災復興政策研究科森永速男教授から「防災教育の目標と教職員の心構え」と題し、 学校における防災教育の目指すべき方向性や平時の教職員の取組の重要性についてお話しいただき、参加者にとって大変参考になる講演となりました。

写真1

実践発表

写真2

講演