バナー画像
  • HOME
  • 学校生活
  • 授業風景

授業風景(平成29年度)

◎7月12日(水)
4限の授業、普通科・職業科1年生の
「コミュニケーション英語Ⅰ」を紹介します。
本日の「コミュニケーション英語Ⅰ」は、
普通科・職業科1年生にとって、
ALTのアナン先生の最後の授業になります。
代表生徒が感謝の気持ちを込めて寄せ書きを渡しました。
授業では英語の歌を手拍子や足踏み等したり
英語のお絵描きゲームをしたり
和やかな雰囲気の授業となりました。


◎6月28日(水)
水曜5・6限の授業、
就業技術科の「チャレンジ職業」の「福祉」の紹介をします。
今回は、就業技術科の2年生が、「手浴」の実践を行いました。
「手浴」とは介護の現場で行われる手法で、
血行を良くしたり、清潔を保持したりするとともに、
入眠促進・リラクゼーション効果、リハビリ効果を求めて行われます。
就業技術科の生徒の実習・進路先の一つとして介護の現場に行くことがあるので、
このような授業を行っています。
今日は手浴を受ける側として、普通科1年生が参加しました。
「科学と人間生活」という理科の2時間連続授業の合間の休憩時間を利用して、
梅雨時のしんどさの解消を求めて手浴をしてもらいました。
就業技術科2年生の優しいマッサージと相手に合わせながらのトークに、
普通科1年生の生徒たちはとても癒されるとともに、
他学科他学年の生徒との交流も行うことができ、リフレッシュできた様子でした。


◎6月14日(水)
5・6限の授業、
就業技術科の「チャレンジ職業」の
「福祉」の紹介をします。
今回は、就業技術科の1年生が、
たつの社会福祉協議会の臼井様と
視覚障害者の森井様をお招きし、
アイマスク体験を行いました。
「目の不自由な人の生活を体験する」という目的で、
折り紙や給水等、様々な体験を通し、
目の見えない世界を体験しました。


◎5月31日(水)
5・6限の授業、
就業技術科の「チャレンジ職業」の
「販売」の紹介をします。
「チャレンジ職業」の「販売」は現在、自己紹介やメモ帳の使い方、礼の仕方等、
実践形式の内容で行っています。
自己紹介は自分の紹介を伝えるだけでなく、興味・関心を持ってもらうことにより、
ほかの人が自身と交流したいと行動を起こさせることが大事です。
また販売も、商品の説明を伝えるだけでなく、興味・関心を持ってもらうことにより、
お客様が商品を購入したいと行動を起こさせることが大事というのを、
販売のことを意識させながら、みんなの前に出て自己紹介を行っています。
また、礼の仕方は美しい姿勢で腰から上半身を曲げることや
停止礼を実践形式で行っています。


◎5月26日(金)
2~4限の授業、
普通科2・3年生の「作業実践Ⅰ」「作業実践Ⅱ」の
ものづくりコースの紹介をします。
ものづくりコースでは現在、陶工の作業を行っています。
お茶碗の土練りやたたら、形作り等が終わり、やすりで削っています。
器の厚みや重さに気をつけながら、
削って削って、ひたすら削ってという作業です。
この作業は、23日(火)2~4限の続きで、
30日(火)2~4限で仕上げ、次の工程へとつながっていきます。


◎5月19日(金)
2~4限の授業、
普通科2・3年生の「作業実践Ⅰ」「作業実践Ⅱ」の
事務作業班の紹介をします。
今回は、ものづくり(陶芸)コースの生徒が事務作業を実践しました。
生徒は授業内で架空会社「はりまコーポレーション」に所属し、
社員として業務に当たっています。
本日の業務内容は名刺作成で教職員からの受注により、
委託業務を行っています。
業務は掃除から始まり、休憩10分間という社則で実施しています。
業務中、社長(学校長)が業務を視察に来られました。


ページトップへ戻る。


Copyright(C)2012 兵庫県立播磨特別支援学校 All Rights Reserved.