1.「読む力」を高める国語学習
2.テレビ会議システムを活用した交流学習
   「わたしたちの町をしょうかいしよう」(3年社会科)
 町内3校(半田・神部・河内)の3年生が、テレビ会議システムを使った交流学習で校区の紹介を行いました。テレビ会議では、校区の施設等を紹介するコマーシャルを作成し、お互いにテレビ会議で見せ合い、良いところや疑問点などを発表しあいました。
3.地域の先生に学ぶ
   「日本の伝統文化にふれよう」(5・6年生)
 揖保川町で琴を指導されている方をお招きし、日本の伝統楽器である琴の指導5・6年生と音楽クラブの児童が指導を受けています。演奏方法や姿勢を学び、2年目となる6年生は難しい調子のメロディーにも挑戦しています。

  
3.特別養護老人ホームとの交流を通して
 3年生児童は9月下旬から校区内にある特別養護老人ホームとの交流を通して思いやりの気持ちの大切さを学ぶため、お年寄りの方々とちぎり絵の共同製作をしました。50人の児童が3つのグループに分かれ、画用紙8枚分の大きなちぎり絵を3枚作成しました。子どもたちは何度も交流を重ねる中で、おじいさんおばあさんによって目や耳、手など身体の不自由さが違っていたり、感じ取り方もまちまちであることや、施設の職員の方の仕事に対する思いなども学び取ることができました。