数学・理科甲子園ジュニア2021
         
   
 令和3年8月17日(火)に小野市総合体育館で「数学・理科甲子園ジュニア2021」を開催し、県内の中学生61チーム、183名が出場し、数学・理科等の知識をもとに日常生活と関連付けながら解決する問題に挑戦しました。
〔実技競技〕
 「カプセル レシーブ チャレンジ」という、投下したおもり入りカプセルを受け止めることができる構造物を紙で製作し、カプセルの重さと投下する高さによって競う競技に取り組みました。選手たちは、紙と両面テープのみで構造物を製作するため、カプセルの重さに耐える強度や衝撃を吸収する工夫、またカプセルを落とさずにバランスよく受け止める工夫等、3人で相談しながら創意工夫を凝らして製作しました。
〔数学・理科クイズ〕
 実技競技の後は、「数学・理科クイズ」(チームの得点には含まれない)を行いました。数学や理科に関する3択クイズで、各チームは相談しながら解答を考え、クイズを楽しみました。
 大会の様子及び結果は、下記のとおりです。
 
数学・理科甲子園ジュニア
イメージキャラクター

「スーちゃん・リーちゃん
     
開会式   会場全体の様子 構造物の製作   実技競技(本番)
       
「数学・理科クイズ」   「数学・理科クイズ」 表彰式  入賞チーム
 
2021年度大会結果

優  勝  兵庫教育大学附属中学校
      (chlorine)
準優勝  兵庫県立大学附属中学校
      (附属XIV)
第3位  稲美町立稲美中学校
      (チーム INAMI)
第4位  姫路市立白鷺小中学校
      (TEAM HAKURO)
第5位  姫路市立飾磨西中学校
      (西中サイエンスチーム)
第6位  香美町立村岡中学校
      (POWER)

※(  )内はチーム名です。
※上位2チームが全国大会に出場します。
 
実施要項



参加チーム一覧
ポスターデザイン


ポスターデザインの
優秀作品はこちら
 第9回科学の甲子園ジュニア全国大会
 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)主催で、科学好きの裾野を広げるとともに、未知の分野に挑戦する探究心や創造性に優れた人材を育成することを目的として、全国の中学生が都道府県を代表して科学の思考力・技能を競う「科学の甲子園ジュニア」を平成25年度から実施しています。令和3年度(第9回)、令和4年度(第10回)の2年間、科学の甲子園ジュニア全国大会は、兵庫県(会場:アクリエひめじ)で開催予定です。

 過去の大会の様子
数学・理科甲子園ジュニア2020(R2.10.17)
数学・理科甲子園ジュニア2019(R1.8.16)
数学・理科甲子園ジュニア2018(H30.8.17)
数学・理科甲子園ジュニア2017(H29.8.18)
数学・理科甲子園ジュニア2016(H28.8.25)
数学・理科甲子園ジュニア2015(H27.8.25)
数学・理科甲子園ジュニア2014(H26.10.18)
数学・理科甲子園ジュニア2013(H25.10.19)