数学・理科甲子園ジュニア
イメージキャラクター
「スーちゃん・リーちゃん」

△TOPへ

優 勝:加古川市立平岡中学校 (平岡中46) 
準優勝:西脇市立西脇南中学校 (Shine!鴨KAMOカモ)
第3位:明石市立衣川中学校 (やったるで衣川中学校チーム)

第4位:滝川第二中学校  (滝U化学同好会)
第5位:神戸大学附属中等教育学校  (とげたんジュニア)
第6位:福崎町立福崎東中学校 (TKU)


※優勝と準優勝チームは、兵庫県代表として1つのチームを組み
全国大会に出場します。

過去の大会の様子
数学・理科甲子園ジュニア2017(H29.8.18)
数学・理科甲子園ジュニア2016(H28.8.25)
数学・理科甲子園ジュニア2015(H27.8.25)
数学・理科甲子園ジュニア2014(H26.10.18)
数学・理科甲子園ジュニア2013(H25.10.19)


 平成30年8月17日(金)に神戸常盤アリーナにおいて、数学・理科甲子園ジュニア2018を開催しました。県内の中学生を対象に、数学や理科の難問にチームで協力して取り組み、得点を競う競技を行うとともに、科学の楽しさ、面白さを知り、科学と実生活・実社会との関連に気付き、科学を学ぶことの意義を実感できる場を提供しました。

 62の出場チーム(1チーム3名)が予選の筆記試験に取り組み、決勝に進んだ24チームが実技競技「規定に従ってバランス装置を作成し、おもりを付けていく問題(理科)」と「図形を切り出して、コマを作成する問題(数学)」にチーム3人が力を合わせて挑戦しました。

( )内はチーム名