トップページへもどる

警報発令時の対応について

警報発令に関する措置

 (1)警報の種類

   「大雨警報」「洪水警報」「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」

 (2)通常の授業日の対応について

   @ 「福崎町」または「姫路市」に、上記のいずれかの警報が発令された場合は以下の通りとする。

    ア 午前6時現在、警報が発令されている場合は、自宅待機とする。

    イ 午前10時までに警報が解除になれば、安全に十分配慮して速やかに登校する。

    ウ 午前10時現在も警報が継続中の場合は、臨時休業(自宅学習)とする。

   A 「市川町」「神河町」の2町、またはいずれか1町のみに警報が発令されている場合は、当該地域の生徒は

     上記(2)の@のア・イ・ウに準じて対応する。ただし、イ・ウの場合は公認欠席扱いとして授業を行う。

   B 警報時等にJR播但線が運行していない場合、上記(2)の時間に基づいて適用する。

     自転車通学、徒歩通学の生徒も同様の適用とする。

 (3) 定期考査日の対応について

   「福崎町」「姫路市」「市川町」「神河町」のいずれかに午前6時現在、警報が発令されている場合は、臨時休業

   (自宅学習)とする。






  ※注意
  登下校中に警報が発令された場合には、速やかに自宅に戻ること。