概要トップページへもどる
教 育 目 標
  学校経営の重点

 1  校     訓

    自 治   公 正   親 和


 2  基 本 方 針
    知・徳・体の調和のとれた人格の完成を目指し、国家・社会の形成者
   としての有為な人材を育成する。


 3  教 育 目 標
   @ 「文武両道」を校是とし、勉学と部活動に積極的に取り組み、心身の鍛練に努める。

   A 自律の精神を養い、志や夢の実現に向かって主体的に行動する「生きる力」を育む。

   B 自他を尊重敬愛し、協調親和の精神を備えた「こころ豊かな人づくり」を推進する。


 
4  本 年 度 の 経 営 の 重 点

   
@ 明るく、楽しく、生き生きとした魅力ある学校づくりを推進する。
       
ア 創立99年の本校の歴史と伝統を学び、愛校心を涵養し帰属意識の醸成に努める。
      
 イ 生徒会活動や部活動を活性化させ、自治意識の涵養を図る。
       
ウ クラスを中心に学校行事等を通して、人権を大切にする集団づくりを推進する。

   
A 基礎・基本を定着させ、確かな学力を身につけた上で個性の伸長を図る。
      
 ア きめ細かな指導を心がけ、生徒に粘り強く関わり、「分かる授業」の実践に努める。
      
 イ 生徒の能力・適性に応じてコースや類型、習熟度別学習を実施し個性の伸長を図る。
      
 ウ 面談を重視し進路目標を早めに設定させることで、主体的な学習習慣を定着させる。

   
B 町内唯一の高校として地域を支え、地域に支えられながら学校文化の発信に努める。
       
ア 地域の文化を学び、地域住民との交流を深め地域に根ざした学校づくりを推進する。
       
イ PTAや同窓会、地域自治体との参画と協働のもとで、連携の強化に努める。
       
ウ 学校関係者評価を活用し、地域から信頼される開かれた学校づくりを推進する。

   
C 教職員は使命感を持ち、高い専門性と豊かな人間性の修養に努め、協働の精神を養う。
      
 ア 生徒による授業評価等を活用し、教える「プロ」として授業の質的向上に努める。
      
 イ 教科内で模試の分析や入試問題研究等の機会を持ち、学力定着の検証を図る。
      
 ウ 部活動の監督や補習については、教職員相互に理解し合い協働で指導にあたる。