[ 本文へ ]

兵庫県教育委員会

財産形成貯蓄制度

1 制度の概要

※兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱要領(PDF:266KB)
※兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則(PDF:220KB)

2 加入要項

内容 種類 一般財形貯蓄 年金財形貯蓄 住宅財形貯蓄
積立目的 使用目的自由 退職後の公的年金を補充する個人年金として。受取は60歳以降で原則5年以上20年以内の期間 住宅の新築、改築、購入等資金
加入資格 年齢制限なし 申込日現在 55歳未満
臨時的任用職員及び非常勤職員は加入できません。
契約口数 2口以内(1金融機関1契約)  1口 1口
積立金額 給料、期末、勤勉手当とも1,000円以上
                 1,000円単位
積立方法 次のうち、一方を選択してください。
ア 毎月の給料から控除して積み立てる。
イ 毎月の給料と期末・勤勉手当(6月・12月)から控除して積み立てる。

 (期末・勤勉手当の6月分と12月分は同額とします。)
積立期間 3年以上 5年以上
積立終了後5年以内の据置期間を設けることができます。

(例)58歳まで積立て60歳の退職後に受け取る場合等
5年以上
申込時期
積立開始
9月1日から9月10日までの間。申込書(様式1~3号)を直接金融機関等へ提出してください。
12月の期末・勤勉手当又は給料から引去します。
非課税
限度額
利子に対して20.315%課税 金融機関等
 元利合計550万円
生保・損保
 払込額385万円
金融機関等
 元利合計550万円
生保・損保
 払込額550万円
年金財形と住宅財形あわせて
 金融機関は元利合計550万円
 生保・損保は払込額550万円(年金は払込額385万円)
県教育総合サイト「財形貯蓄に関する質疑応答」

3 その他

     ・様式
     退職等に関する通知書

[ このページのトップへ戻る ]


兵庫県教育委員会事務局  〔 ホーム
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1 (3号館)  電話 078-341-7711(代表)
Copyright © 1997 Hyogo Prefectural Board of Education