[ 本文へ ]

ホーム > ワンショットニュース 

ワンショットニュース (2018.8)

 ワンショットニュースでは、話題となった出来事などを紹介しています。 〔 過去のワンショットニュースはこちら

                              

教育委員会に展示する県内生徒の絵画等の作品に感謝状を贈呈





県立社高等学校 井上 愛美さん 「晴れ間」


県立氷上特別支援学校 岡田 理央さん 「ぶらぶら人形」


県立豊岡高等学校 織田 佑香さん 「仁者壽」


県立八鹿高等学校 上仲 葉音さん 「共存」


県立三木東高等学校 中村 実優さん 「私の領域、光の岸辺。」


県立加古川西高等学校 溝上 怜海さん 「フィルター越しの私」

 教育委員会では毎年、「全国高等学校総合文化祭」や「みんなのアート展」に出品された絵画等の中から、出品者のご好意により作品を展示しています。

 このたび、6作品を1年間展示することになり、制作者の皆さんへ教育長から感謝状が贈呈されました。作品は教育長室や3号館10階の廊下に展示していますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。


数学・理科甲子園ジュニア2018を開催



〔予選競技〕


〔決勝競技〕


〔記念講演〕


〔入賞チーム〕

 平成30年8月17日(金)に「数学・理科甲子園ジュニア2018」を開催し、県内の中学生が数学・理科等の知識をもとに日常生活と関連付けながら解決する問題に挑戦しました。

 62の出場チーム(1チーム3名)が予選の筆記競技に取り組み、決勝に進んだ24チームが製作や実験をしながら問題を解く実技競技を行いました。
 決勝では、実技競技「規定に従ってバランス装置を作成し、おもりを付けていく問題(理科)」「図形を切り出して、コマを作成する問題(数学)」にチーム3人が力を合わせて挑戦しました。

 記念講演では、国立研究開発法人海洋研究開発機講の小倉訓室長から「有人潜水調査船『しんかい6500』とそこで見た深海の世界」をテーマに、有人潜水調査船の仕組み、深海の様子や生息する生物について経験や貴重な海底映像を交えて、ご講演いただきました。


〔大会の結果〕
 優 勝:加古川市立平岡中学校 (平岡中46)
 準優勝:西脇市立西脇南中学校 (Shine!鴨KAMOカモ)
 第3位:明石市立衣川中学校 (やったるで衣川中学校チーム)
 第4位:滝川第二中学校 (滝Ⅱ化学同好会)
 第5位:神戸大学附属中等教育学校 (とげたんジュニア)
 第6位:福崎町立福崎東中学校 (TKU)
 ※( )内はチーム名

 優勝と準優勝の6名がチームを組み、兵庫県代表として全国大会に出場します。

〔全国大会の日程〕
 第6回科学の甲子園ジュニア全国大会
 平成30年12月7日(金)~9日(日)
 つくば国際会議場、つくばカピオにて



兵庫県教育委員会事務局
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1 (3号館)  電話 078-341-7711(代表)
Copyright © 1997 Hyogo Prefectural Board of Education