[ 本文へ ]

ホーム > ワンショットニュース 

ワンショットニュース (2016.11)

 ワンショットニュースでは、話題となった出来事などを写真で紹介しています。 〔 過去のワンショットニュースはこちら

       

県立香住高等学校海洋科学科第2学年オーシャンコース「マグロはえ縄漁業実習」帰港式









 


 28日(月)、県立香住高等学校の海洋科学科オーシャンコース2年生が、実習船「但州丸」での「マグロはえ縄漁業実習」を終え、神戸に帰港しました。

 実習は42日間にわたり、函館港や気仙沼港などを巡る8,282キロの行程で、北太平洋で操業に臨みました。

  たくましく成長した生徒たちの姿に、保護者や学校関係者からは労いや励ましの声がありました。


県立香住高等学校のHPはこちら


県立農業高等学校・県立篠山東雲高等学校が教育長を表敬訪問しました。











 


  第67回日本学校農業クラブ全国大会プロジェクト発表会「生産・流通・経営に関する研究部門」で最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞した県立農業高等学校 生物工学科と、同発表会「開発・保全・創造に関する研究部門」で最優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞した県立篠山東雲高等学校 地域農業科の代表生徒のみなさんが、受賞報告のため、高井教育長を表敬訪問しました。

  各校を代表して、県立農業高等学校3年生の小林愛莉さんと県立篠山東雲高等学校3年生の圓増まどかさんが発表テーマについて報告を行いました。

  報告を受けて、高井教育長から、試算した経済効果の検証の重要性等、研究内容を実用化するために必要な問題提起もあり、研究内容の更なる展開が期待されます。


○最優秀賞(農林水産大臣賞)
  県立農業高等学校 生物工学科  
   固定化細菌ペレットを用いた農業生産性の向上
                    3年 小林 愛莉
                    3年 中島 澪
                    3年 舩原 千佳代
                    3年 上田 華月
                    3年 北山 慎太郎
                    2年 亀井 周哉
                  
○最優秀賞(文部科学大臣賞)
   県立篠山東雲高等学校 地域農業科
    再生可能資源による循環型社会の構築
             ~ありったけ(竹)使い切る!~
                    3年 圓増 まどか
                    3年 稲元 友佳子
                    1年 石出 大
                    3年 﨑口 幸人
                    2年 尾﨑 夏鈴
                    2年 宮本 琴子



県立農業高等学校のHPはこちら

県立篠山東雲高等学校のHPはこちら


中学生が兵庫県教育委員会事務局で「トライやる・ウィーク」を実施しました。









 

 11/7(月)から11/11(金)に神戸市立長峰中学校・神戸市立東落合中学校の生徒が兵庫県教育委員会事務局で「トライやる・ウィーク」を実施しました。


<主な活動内容>

 ・「魅力あるひょうごの高校づくり」トピックス作成
 ・第12回みんなのアート展第2回実行委員会準備
 ・道徳教育実践研究事業各推進地域における実践のまとめ
 ・自然学校アンケートの入力


<生徒の感想>

 ・「トライやる・ウィーク」をするまでは「どんな仕事をしているのだろう」と思っていましたが、教育委員会に来てみると幅広い仕事を職員の皆さんが一丸となって取り組んでいるのを見て感銘をうけました。
 ここで色々な方々が時間をかけて取り組んで下さるからこそ今の教育があるのではないかと思うことができました。この体験を生かしてこれからも精一杯頑張りたいです。

 ・教育委員会の様々な課で職業体験をさせていただき、その部署の仕事内容だけではなく、社会人としてのマナーや、組織で働く際の仕組みなど、大人になると必要不可欠な事も学ぶことができました。そして、9年間の何気ない日々にはとても多くの「職員さんの努力」がある事を知りました。これからは、職員さんの努力や、5日間の感謝を胸に授業に取り組みたいと思います。

 ・行政でミスがないように毎日多くの職員の方々が遅くまで仕事をされていて、「すごいな」と思いました。皆さんに優しく教えていただいたおかげで楽しく作業をすることができました。この「トライやる・ウィーク」を通して、私たちが送っている学校での日常は教育委員会の皆さんのおかげで成り立っていることを知り、これからの学校生活を有意義に過ごそうと思いました。


※この記事は、県教育委員会事務局でトライやる・ウィークを実施した、神戸市立長峰中学校、神戸市立東落合中学校の2年生生徒が作成しました。
 


平成28年度高大連携課題研究合同発表会in京都大学を開催しました。











 

【日時】 平成28年11月6日(日)

【場所】 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館国際交流ホール

【内容】 ・記念講演「エネルギー問題について考えよう」
      京都大学工学研究科航空宇宙工学専攻 特定教授 岸本 将史 氏
      ・1分プレゼン
      ・ポスター発表
      ・グループ討議(京大教員や大学生との討議)
      ・全体講評

【参加者】 京都大学との連携指定校19校のうち17校の高校生116名、教員35名
       京都大学の大学生・大学院生37名(ポスター発表のアドバイス等)
       京都大学の先生方5名
 


数学・理科甲子園2016を開催しました。











 

 平成28年11月5日(土)に甲南大学講堂兼体育館において「数学・理科甲子園2016」を開催し、県内の高校生が、数学、理科、科学技術等の知識、技能を用いて、日常生活と関連づけながら科学的に問題を解決するとともに、論理的に説明することにより科学技術等に対する興味・関心、意欲・能力を高めていく問題に挑戦しました。

 74チーム・535名が予選(個人戦・団体戦)に出場し、本戦に進んだ16チームが数学の思考力・表現力を問う問題、理科の課題工作等に取り組みました。
 さらに決勝では、本選を勝ち抜いた4チームが身近な現象の原理を使って、与えられた課題を解決し、自分たちの考え方について、実物投影機を使ってプレゼンテーションにより説明しました。

【大会の結果】
優 勝:灘高等学校
準優勝:神戸女学院高等学部
第3位:県立尼崎稲園高等学校、白陵高等学校

優勝チームは兵庫県代表として全国大会に出場します。

【全国大会の日程】
第6回科学の甲子園全国大会
平成29年3月17日(金)~20日(月) つくば国際会議場  


県立高校が県庁の緑化等に取り組んでいます。










 

~ 県立但馬農業高等学校 ~

【 展示場所 】
 県庁2号館と3号館の間の通路(議会棟1階)
 県庁2号館ロビー

【 展示内容 】
  農業科草花コースの3年生で、菊に取り組んでいる3名が作品を展示してくれました。

  今回の展示に向けて昨年の9月に苗を植えるところからはじまり、1年以上の時間と手間をかけて、立派な作品を仕上げてくれました。星形に整えられた菊は、針金でフレームを作り、その枠に沿うようにこまめに枝を揃えるなど、仕上がりまでに大変な苦労があったそうです。

 また、当日、一緒に届けてくれたシクラメンは、1万鉢の苗を植えて、出荷できるのはそのうち約7,000~8,000鉢だそうです。

 県庁にお越しの際はぜひお立ち寄りいただき、菊の香りと大作をお楽しみください。


【 展示期間 】
 平成28年11月中

【 学校の特色 】
「汗をいとわず 命を尊び 日々高きを志す」と校訓とし、「額に汗して働くことのさわやかさを知る人、命あるものへの深い思いやりを持つ人、よりすぐれたものを追い求め続ける人」の育成を教育目標として教育活動を推進しています。

○農業科
広い農場、恵まれた施設のなかで、野菜・草花・果樹・水稲の栽培をとおして、地域の特色を生かした農作物の栽培方法と技術を習得するとともに、地域の農業をリードできる新しい栽培技術の研究を進め、農業の担い手を育成しています。

○畜産科
恵まれた自然環境の中で、家畜の飼育に必要な知識や経営技術を習得するとともに、先進技術を導入して地域農業をリードする人材を育成しています。
 
○生活科
栽培、飼育、食品加工、情報処理、生活技術など幅広い体験学習をとおして農業と人間生活の関わりを科学的に追究し、地域社会の発展や家庭生活の改善に貢献する人材を育成しています。
   
         
 

県立但馬農業高等学校のHPはこちら


平成28年度 西オーストラリア州との管理職交流事業が行われました





  



兵庫県からは、記念品として、姫路の伝統工芸品である
姫路白なめし革ペンケースを贈呈しました。
 



 平成28年度西オーストラリア州との管理職交流事業が、10月30日(日)から11月6日(日)の日程で実施され、西オーストラリア州から2名の州立学校管理職の先生が本県にお越しになりました。


 本事業は、5年前に兵庫県と西オーストラリア州との姉妹都市提携30周年を記念して、西オーストラリア州教育省と交わした「友好協定書」に基づき、昭和57年から実施されている教員交流事業に加えて、平成24年から始まった学校管理職による交流です。


 10月31日(月)にはJohn Willcock College(ジョンウィルコック高校)のワイニーン・ベネット副校長先生と、Cyril Jackson Senior Campus(シリル・ジャクソン・シニアカレッジ)のイアン・アバクロンビー教頭先生のおふたりが高井教育長を表敬訪問しました。


  高井教育長の歓迎のあいさつに引き続き、記念品交換が行われた後には、外国語の授業やICTの活用など、西オーストラリア州と兵庫県のそれぞれの取組みや現状等について、活発な意見交換が行われました。


  なお、11月6日(日)までの滞在期間中には、特色ある学校づくりに取り組んでいる県立高等学校の視察をはじめ、姫路城等の文化施設訪問、ホームステイ等のプログラムが行われ、有意義な教育交流となりました。

 


   第27回工業教育フェアを開催しました。(H28.10.29~10.30)






 
 




2足歩行ロボット競技・サッカーの部
 

  県内の工業高校等で学ぶ高校生たちが日頃の学習成果を広く県民の皆様に披露する「第27回工業教育フェア」が、平成28年10月29日(土)・30日(日)の2日間、丹波の森公苑と丹波市立柏原住民センターにおいて「ふれあいの祭典 丹波ふれあいフェスティバル」とともに開催されました。

  県内の工業高校20校が集まり、各学校の特色を生かした工作教室、作品展示やロボット競技などを行い、多くの来場者でにぎわいました。

【ロボット競技の結果】

 ○自走式ロボット競技

  ・ベーシッククラス キットパーツ部門
              優  勝  神戸村野工業高校
              準優勝  県立西脇工業高校


  ・ベーシッククラス オリジナルパーツ部門
              優  勝  県立姫路工業高校
              準優勝  県立姫路工業高校
              アイデア賞 神戸村野工業高校
              技術賞  県立尼崎工業高校
 
  ・アドバンスドクラス  
              優  勝  神戸村野工業高校
              準優勝  神戸村野工業高校
 
○2足歩行ロボット競技

  ・かけっこの部   優 勝  県立西脇工業高校
              準優勝  神戸市立科学技術高校
 
  ・サッカーの部   優 勝  神戸市立科学技術高校
              準優勝  神戸市立科学技術高校

○リモコン式ロボット競技      
             優 勝   県立尼崎工業高校
             準優勝   県立小野工業高校
             アイデア賞  県立篠山産業高校
             技術賞   神戸市立科学技術高校



 
            リモコン式ロボット競技


           
兵庫県教育委員会事務局
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1 (3号館)  電話 078-341-7711(代表)
Copyright © 1997 Hyogo Prefectural Board of Education