ワンショットニュース6月
教育委員会ワンショットニュース
ワンショットニュースでは、話題となったできごとなどを写真で紹介しています。

県庁の緑化活動・・・・6月は氷上高等学校です
6月21日 神戸特別支援学校で塗装ボランティアが実施されました。
6月13日 相生産業高等学校で第24回海上運動会が行われました。
6月11日 世界剣道選手権大会で優勝・敢闘賞獲得の活躍をされた網代選手、川越選手が知事表敬訪問をされました。
6月4~5日 兵庫県学校農業クラブ連盟のリーダー講習会が開催されました。
6月2日 日本ユニセフ協会が表敬訪問に来られました。
6月1日 全国少年柔道大会で優勝した二見少年柔道クラブが知事表敬訪問をされました。


塗装の様子

きれいに塗装された壁の様子

集合写真

神戸特別支援学校で塗装ボランティアが実施されました。

平成27年6月20~21日

 全国の塗装店100 社で構成するボランティア団体「塗魂ペインターズ」では、阪神・淡路大震災から20年の節目にあたり、本県で塗装ボランティアを実施したい旨の申し出があり、神戸特別支援学校において実施していただきました。
 全国各地から延べ100名を超える参加者が集まり、スロープ棟や階段棟などの内壁を塗装してくださいました。中には大人と一緒に作業に励む子どもたちの姿も。家族でボランティアに参加してくれたそうです。
 作業終了の会では教育長からの感謝状をお渡しし、校長からは「明日子どもたちが登校して、きれいに塗り替えられた壁を見たら、本当に明るい気持ちで、仲良く、元気よく学校生活を送れるようになると思います」とお礼を申し上げました。
 また、塗魂ペインターズの安田会長と参加者の皆様から活動への思いを語っていただき、最後は「塗魂ペインターズの唄」を皆で合唱して活動を終えました。

【塗魂ペインターズ】
・全国の塗装店100社で構成する任意団体
・学校、保育所、公民館など、全国各地で
 41件(平成27 年5 月末現在)の塗装
 ボランティアを実施
http://www.to-kon-painters.com/


     
     神戸特別支援学校HPはこちら
     記者発表資料はこちら
     財務課長の報告記はこちら
 


相生産業高校 ペーロン競漕の様子1

相生産業高校 ペーロン競漕の様子2

表彰式の様子
相生産業高等学校で第24回海上運動会が行われました。

平成27年6月13日(土)

 ペーロン競漕は、大正11年に長崎出身の造船マンが故郷を偲び、播磨造船所の海上運動会として始めたもので、そこから90年以上の月日が流れ、今日に至っています。
 「相産いきいきペーロン海上運動会」は、平成4年から始まり、今年で24回目を迎えました。
 相生産業高校ではこの取組を通して、地域の伝統文化を継承し、地域を愛する心を育み、地域の人々とともに活力ある学校づくり・町づくりを目指しています。また、クラス対抗競争によりクラスが団結する、同校の誇る行事となっています。

■ 場 所
  相生湾及び㈱IHI構内艇庫前道路
  及びその周辺


        相生産業高校HPはこちら
 


歓談の様子





記念撮影

世界剣道選手権大会で優勝、敢闘賞獲得の活躍をされた網代選手、川越選手が知事表敬訪問をされました。

平成27年6月11日(木)

 5月29~31日に日本武道館で開催された「第16回世界剣道選手権大会」で兵庫県警の網代選手が男子個人戦で優勝、同じく川越選手が女子個人戦ベスト8敢闘賞の成績を収められ、その活躍を報告するため知事表敬訪問をされました。

■ 訪問者
 網代 忠勝 選手
 (兵庫県警察本部 機動隊兼教養課)
 川越 愛 選手
 (兵庫県警察本部 教養課兼機動隊)

■ 場 所
 知事応接室(県庁2号館6階)

 両選手は報告に続いて知事と歓談し、日々の練習のことや得意なスタイル(剣風)などについて話をされました。次の目標は10月に開催される全国警察剣道大会とのことでした。
 知事からは、優勝すると次も勝たなければという新たなプレッシャーもあると思うが、是非これからも頑張ってほしいとエールが送られました。また、選手らの名前が入った今大会の手拭に優勝・入賞のお祝いをサインされました。

 


開会式の様子

クラブ活動発表の様子

分科会の様子

ポスターセッションの様子
 兵庫県学校農業クラブ連盟のリーダー講習会が開催されました

平成27年6月4日~5日

 兵庫県学校農業クラブ連盟主催のリーダー講習会が、6月4日・5日に「いこいの村はりま」で行われました。

 この講習会は、農業に関する学科等の生徒が所属する「農業クラブ」の役員が自主的・主体的に活動を推進できるよう、リーダーとして実践的な態度・方法を身に付けること、また同じ目標を持つ仲間同士で連帯感と交友を深め今後の活動への意欲を高めることを目的に、毎年実施しています。今年は播磨農業高等学校が事務局となり開催しました。

 当日は各クラブの活動発表に続いて分科会を行い、①クラブ員が高い意識を持つために、役員ができることは何か②農業高校の魅力をより多くの人に知ってもらうにはどのような活動をすればよいか、の二つのテーマに分かれて協議しました。また、分科会の後は全体会で協議結果のポスターセッションも行いました。
 このほか、「そば打ち体験」やフラワーセンターでの「宝探し」などのレクレーションもあり、有意義な日程を過ごしました。

<参加校> 
 県立有馬高等学校
 県立氷上高等学校
 県立篠山産業高等学校
 県立篠山東雲高等学校
 県立農業高等学校
 県立播磨農業高等学校
 県立上郡高等学校
 県立佐用高等学校
 県立山崎高等学校
 県立但馬農業高等学校
 県立淡路高等学校

 






 県立高校が県庁の緑化等に取り組んでいます

平成27年6月5日(金)
    ~県立氷上高等学校~


★展示場所
 県庁2号館と3号館の間の通路(議会棟1階)


★展示内容
 今月の作品では、サルビア、マリーゴールド、シロタエギクで氷上高校の生産物統一ロゴマークをあしらいました。このロゴマーク自体も昨年度の在校生らがデザインしたものです。
 また、同校の生徒がプロジェクト学習の一環として地域の方と協力しながら取り組んできた丹波特産「白雪大納言小豆」の普及活動をまとめたファイルも展示されていますので、併せてご覧ください。


★展示期間 平成27年6月中


★学校の特色
 営農、食品加工、生活、商業の各学科があります。地域の未来をデザインできる人材の育成を目標に、専門的な知識・技術を基礎から学び、各種の資格取得をめざします。
 また、長野や神鍋での就業体験や、地域交流・連携学習など体験的学習を活発に行うなど、地域に根ざした教育活動を展開しています。
 生徒は部活動や生徒会活動等にも活発に取り組んでいます。



メッセージ交換の様子1

懇談の様子1

メッセージ交換の様子2

懇談の様子2
 日本ユニセフ協会が「兵庫県ユニセフ・キャラバン・キャンペーン」の実施にあたり、表敬訪問に来られました。

平成27年6月2日(火)

 日本ユニセフ協会では、日本の子供たちに世界の子供たちが置かれている状況やユニセフの活動への理解を深めてもらうため、1979年からユニセフ・キャラバン・キャンペーンを実施されています。
 このキャンペーンでは毎年全国各地の学校を訪問して出前授業(ユニセフ教室)などが行われており、今回は6月3日に神戸市立夢野の丘小学校と神戸市立竜が台中学校を訪問されます。
 6月2日は学校訪問に先立ち、知事(代行:吉本副知事)と教育長に表敬訪問され、メッセージ交換と懇談の時が持たれました。

■ 訪問者
 公益財団法人日本ユニセフ協会
  遠藤 剛 学校個人・企業事業部部長
  渡邉 慎一郎 学校事業部職員
  福井 康代 兵庫県ユニセフ協会
          事務局長

■ 場 所
 (午前)教育長室、(午後)副知事応接室


 
懇談では、必要とされる支援の今日的な状況やこれに対するユニセフの取組状況のほか、兵庫県も阪神淡路大震災の際には多くの方に助けられ思いやりや命の大切さを学んだこと、教科書だけでは分からない世界の様子も子供たちに伝えていってほしいということなどが話し合われました。


二見少年柔道クラブ表敬訪問・あいさつ

二見少年柔道クラブ表敬訪問・歓談の様子

二見少年柔道クラブ表敬訪問・記念撮影
全国少年柔道大会で優勝した二見少年柔道クラブが知事表敬訪問をされました。

平成27年6月1日(月)

 二見少年柔道クラブが、5月5日に東京都の講道館で開催された第35回全国少年柔道大会での優勝を知事に報告するため、表敬訪問されました。

■ 訪問者
 斉藤 裕史 代表
 北口 寛人 前明石市長
 朝比奈秀典 明石市柔道協会会長
 中村 乾渡 選手(5年生)
 村瀬 浩樹 選手(5年生)
 住谷  蓮 選手(6年生)
 浮田 笑子 選手(6年生)
 山本 悠祥 選手(6年生)

■ 場 所
 参与員室(県庁2号館2階)

 選手らは優勝報告に続いて知事と歓談し、それぞれの得意技や苦しかった試合、優勝した時の感想などを話しました。
 知事からは、武道はずっと続けられるのが良い、「道」であるから励むことで自信にもなり柔道以外の事にもつながっていく、これからも頑張ってほしい、とエールが送られました。
 


前画面(県教育委員会事務局)へ戻る
過去のワンショット・ニュース/24年度25年度26年度
4月5月/6月/7月/8月9月/10月/11月/12月/1月/2月/3月