教育委員会ワンショットニュース
ワンショットニュースでは、話題となったできごとなどを写真で紹介しています。
・県庁の緑化活動・・・・8月は県立山崎高等学校です

ひょうご・ロシアハバロフスク少年少女交流事業帰国報告会の様子1


ひょうご・ロシアハバロフスク少年少女交流事業帰国報告会の様子2


ひょうご・ロシアハバロフスク少年少女交流事業帰国報告会の様子3
平成26年8月28日(木)
ひょうご・ロシアハバロフスク少年少女交流事業帰国報告会を実施しました。



8月17日(日)〜8月24日(日)に実施した「ひょうご・ロシアハバロフスク少年少女交流事業」に参加した子どもたちが帰国報告を行いました。

スクール生からは、「言葉が通じない環境の中でも、ジェスチャー等を通じてコミュニケーションを取ることの大切さを学んだ」「もっと積極性を身につけたい」等の意見が報告されました。

今回の体験を通じ学んだ様々な事を、これからの学校生活等に生かしてほしいと思います。スクール生の皆様、お疲れ様でした。

日時 8月28日(木)10:30〜
場所 県庁3号館10階 教育委員会室
出席者 ・教育次長、社会教育課長
      ・訪問団 スクール生(小5〜中3)12名
            引率者 4名(嬉野台生涯教育
            センター長(団長ほか3名)


内容 ・団長帰国報告
    ・スクール生による活動内容報告
    ・歓談
    ・記念撮影

 県立村岡高等学校上村愛子氏トークショーの様子1

 県立村岡高等学校上村愛子氏トークショーの様子2

 県立村岡高等学校上村愛子氏トークショーの様子3

平成26年8月24日(日)
県立村岡高等学校で、上村愛子氏モーグルスキースポーツ教室が開催されました

              〜県立村岡高等学校〜

★開催日時
平成26年8月24日(日) 10:30〜12:00

★開催場所
 県立村岡高等学校体育館

★元モーグル女子日本代表の上村愛子さんによる、トークショー形式のモーグルスキースポーツ教室を村岡高校で開催しました。
村岡高生・保護者・同窓会員、近畿・中国地方の中学生、近畿・中国地方のジュニアスキークラブの選手・保護者・指導者、兵庫県スキー連盟理事等の約340名が参加しました。

★このスポーツ教室は、全国から生徒を募集している、県立村岡高等学校普通科特色類型「地域アウトドアスポーツ類型(アウトドアスポーツ系・地域創造系)」の広報事業と、兵庫県スキー連盟のジュニア選手育成事業として開催しました。

★上村さんは、幼少期のスキーとの出会い、中学校時代のモーグルスキーとの出会い、W杯・5大会連続のオリンピック出場のためのトレーニング内容と心構え等について語り、参加者に具体的なアドバイスをしました。
 質問コーナーでは、競技に対するプレッシャーをどう克服したか、トレーニングするとき何を考えていたか、雪焼け対策はどうしたか、高校時代のシーズン中の勉強はどうしていたか等、小中高のスキー選手らしい質問が出されました。

 県立相生産業高校少林寺拳法部 教育長表敬訪問の様子1


県立相生産業高校少林寺拳法部 教育長表敬訪問の様子2
平成26年8月21日(木)
 県立相生産業高等学校の少林寺拳法部男子が団体演武の部で優勝し、教育長を表敬訪問しました。


          〜県立相生産業高等学校〜

 平成26年度全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技大会で県立相生産業高等学校少林寺拳法部男子が、団体演武の部で優勝しました。
 このため、選手(8名)、学校長、部顧問、監督が教育長を表敬訪問しました。

★日時 平成26年8月21日(木)9:30〜10:00 
★場所 3号館10階 教育委員会室
★対応者 教育長    高井 芳朗
        体育保健課長 廣瀬 雅樹
★訪問者 県立相生産業高等学校選手

選手(3年生) 宮内 唯成 (みやうち ゆうせい)
          杉山 悠太 (すぎやま ゆうた)
          笠原 翔太 (かさはら しょうた)
          山崎 祐暉(やまさき ゆうき)
          名定 典都(なさだ ふみと)
   (2年生) 三宅  歩(みやけ あゆみ)
          真田 昂汰(さなだ こうた)
   (1年生) 應地 龍也(おうち りゅうや)
校長       壺阪 康郎(つぼさか やすお)
顧問・監督   村上 良一(むらかみ りょういち)

★次第
  9:30  教育長表敬
      (1) 来訪者紹介
      (2) 大会概要説明
      (3) 歓談
  10:00  終了

 

感謝状贈呈式の様子1

感謝状贈呈式の様子2
平成26年8月19日(火)
 県内の生徒が制作した絵画等の作品を教育委員会に展示することについて、教育長から感謝状を贈呈しました。




 全国高等学校総合文化祭及びみんなのアート展に出品された作品の中から、出品者のご好意により、下記12点を教育委員会に展示することとなりました。
 このことで、教育委員会から感謝の意を表するため教育長から感謝状を贈呈しました。皆様、緊張した面持ちながらも、うれしそうに感謝状を受け取っておられました。

 なお、県庁3号館の10階の廊下に、作品の一部を展示いたしますので、お立ち寄りの際は、是非ご鑑賞ください。
                           感謝状被贈呈者

      (1) 県立加古川北高等学校      宮永 萌夏       「微音」
      (2) 県立加古川西高等学校      石原 実果       「CUBE×CUBE」
      (3) 県立加古川南高等学校      住江 夏苗       「臨 一条摂政集」
      (4) 県立東播磨高等学校       久保 晴菜       「側溝」
      (5) 県立小野高等学校         宮崎 ゆかり      「零れ火」
      (6) 県立小野高等学校        地金 育美       「The Beginning」
      (7) 県立社高等学校           牧 帆純         「浸食」
      (8) 県立社高等学校          藤原 朱都花     「地球と共に生きる」
      (9) 県立姫路東高等学校       石原 佑輔       「放課後」
      (10) 県立豊岡総合高等学校     日原 奨太       「光のさすほうへ」
      (11) 県立神戸聴覚特別支援学校  谷 樹里       「いってきます」
      (12) 県立赤穂特別支援学校      長田 義貴       「赤特市街と車」

宝塚歌劇100年展の様子1

宝塚歌劇100年展の様子2

宝塚歌劇100年展の様子3
平成26年8月5日(火)
特別展「宝塚歌劇100周年記念 宝塚歌劇100年展-夢、かがやきつづけて-」が開幕しました

                 〜県立美術館〜

 日本の演劇史上に輝かしい軌跡をのこし、多くの人々に夢と感動をあたえ続けている宝塚歌劇100周年を記念して開催します。
 宝塚歌劇団ならびに阪急電鉄などグループ会社の全面的な協力の下で開催する本展では、華やかな舞台で人々を楽しませ、独自の演劇文化を築いてきた宝塚歌劇の100年を、多彩な資料、美術作品、舞台装置等により様々な観点から紹介します。観て、感じて、体験する立体的な展示を通して、日本の演劇界、日本の文化に大きな役割を果たしてきた宝塚歌劇の魅力を堪能していただける機会となりますので、是非お立ち寄りください。



 ★開催期間:平成26年8月5日(火)〜平成26年9
         月28日(日)
  休館日:月曜日(ただし、9月15日(月・祝)開館
       翌16日(火)休館)


 ★開館時間:午前10時〜午後6時(金・土曜日は
        午後8時まで)入場は閉館30分前まで

 【関連イベント】
  記念講演会、トークショー等多数あります。
  関連イベントの詳細はこちらをご参照ください。
  
 


        詳しくは県立美術館ホームページへ

 山崎高校緑化活動の様子1

山崎高校緑化活動の様子2

山崎高校緑化活動の様子3
平成26年8月1日(金)
県立高校が県庁の緑化等に取り組んでいます


            〜県立山崎高等学校〜
 
★展示場所
 県庁2号館と3号館の間の通路(議会棟1階)


★展示内容 "夏の学校"
 県立山崎高等学校森林環境科学科の実習等で作成した、木馬、椅子、風鈴、うちわ等を展示しています。
 また、展示している樫の木から作成した炭は、炭同士を叩くとやさしい音がしますのでおためしください。
 その他森林環境科学科を紹介したパネルも展示しております。是非お立ち寄りください。


★展示期間 平成26年8月中


★学校PR
 森林環境科学科では、森林を総合的に活用していく専門的な知識や能力を持った心豊かで開発精神に富んだ生徒の育成を図ります。生活創造科では、生徒一人一人の特性・学力を伸ばしながら人と関わる力、地域を支える力、郷土を愛する心を育み地域社会に貢献できる人材を育成しています。


前画面(県教育委員会事務局)へ戻る
過去のワンショット・ニュース/21年度22年度23年度24年度25年度
4月5月6月7月/8月/インターンシップ/9月/10月/11月/12月/1月/2月/3月