ワンショットニュース4
教育委員会ワンショットニュース
ワンショットニュースでは、話題となったできごとなどを写真で紹介しています。
・県庁の緑化活動・・・・4月は県立氷上高等学校です。


考古博開幕の様子1




考古博開幕の様子2




考古博開幕の様子3
平成26年4月19日(土)
風土記1300 年記念特別展阪神・淡路大震災20 年展「古代官道山陽道と駅家(うまや)−律令国家を支えた道と駅−」が開幕しました


            〜県立考古博物館〜

 風土記1300 年記念特別展阪神・淡路大震災20 年展「古代官道山陽道と駅家(うまや)−律令国家を支えた道と駅−」が開幕しました。
 県内には駅家の全容が初めて解明された布勢駅家や、駅家として全国で初めて史跡指定された野磨駅家が所在しており、駅家研究の最先端の地と言えるでしょう。
 本展覧会では県内の古代山陽道や駅家調査研究の最新成果を公開するとともに、関連遺跡から出土した考古資料や、起点・終点である都および大宰府の出土品を展示し、人々と交通の関わりを探ります。

★開催期間 平成26年4月19日(土)〜6月22日(          日)
★時  間 9:30〜18:00(入場は17:30まで)
      (休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌        日))
       ※ゴールデンウィーク期間の4月28日・5月5日の月曜日は開館します。5月7日は休館です

◆主な展示内容◆
◎石神遺跡出土新羅焼獣脚硯(奈良文化財研究所蔵)
◎大宰府跡出土鬼瓦(九州歴史資料館蔵)
◎鴻臚館跡出土青磁水注(福岡市教育委員会蔵)
◎大山崎遺跡群出土緑?火舎・釜(大山崎町歴史資料館蔵)

◆講演会◆
(1)特別講演会
○5 月10 日(土)13:30〜15:00
「古代の山陽道と瀬戸内海の交通」
松原弘宣(愛媛大学名誉教授)
(2) 講演会
@4 月26 日(土) 13:30〜15:00
「古代の役所と遺跡の保存・活用」
坂井秀弥(奈良大学教授)
A5 月24 日(土) 13:30〜15:00
「そこのけそこのけ駅馬(はゆま)が通る」
馬場基(奈良文化財研究所主任研究員)
B6月7日(土)13:30〜15:00
「播磨国駅家研究の最前線」
岸本道昭(たつの市教育委員会課長補佐)
C6 月14 日(土) 13:30〜15:00
「播磨国の古代山陽道について」
木本雅康(長崎外国語大学教授)

※講演会の会場はいずれも講堂、無料、当日受付

◆ご家族でお楽しみ頂くイベント◆
○5 月4 日(日)〜6 日(火)
「考古博であそぼう」古代の遊びで雅な気分
○4 月27 日(日)「駅家の鬼瓦をつくろう」要申込有料
○会期中の土・日紙芝居「古代山陽道と駅家」無料



姫路しらさき開校式の様子

姫路しらさぎ開校式の様子2
平成26年4月14日(月)
県立姫路しらさぎ特別支援学校の開校式が行われました。
      
  〜県立姫路しらさぎ特別支援学校〜


 世界遺産姫路城の別名で、姫路市の鳥として親しまれている「しらさぎ」の名を持つ、県立姫路しらさぎ特別支援学校が開校しました。

 学校は、豊かな自然に囲まれ、太陽光発電設備を設置し、体育館や校舎の内装には県産の木材を使用するなど環境にも配慮しています。また、近隣には小学校や高校があり、子どもたちの経験を広め、社会性や豊かな人間性をはぐくむ交流や共同学習にも取り組んでいきます。

式典の様子

展示作品1

展示作品2
平成26年4月12日(土)
特別展】「夢見るフランス絵画-印象派からエコール・ド・パリへ」展が開幕しました。

                 〜県立美術館〜


ある収集家によるフランス近代絵画のコレクションから名品71点をご紹介します。モネ、セザンヌ、シスレーといった印象派の画家の描く美しい大地の眺め、ルノワールの描く豪奢な室内とそこでくつろぐ人物、モディリアーニ、キスリング、藤田嗣治などエコール・ド・パリの画家たちの哀歓に満ちた女性たち、ヴラマンク、ユトリロらの描く孤独な路上の風景、ルオーの絵に見る人生の重さ、シャガールの画面から強くたちのぼる人生の喜びなど、このコレクションには、今なおわたしたちがフランスに抱く夢と憧れがつまっています。

これらの作品は、さまざまな「豊かさ」でもってわたしたちを魅了する一方、描かれたものの背後にある、見えない、そして言葉にしがたい「感情」にも、わたしたちを出会わせてくれることでしょう。どうぞ、この機会に是非ご覧ください。

開催期間:平成26年4月12日(土)〜6月1日(日)

展示場所:県立美術館 企画展示室

展示の全景

展示コーナー

カラスの標本

平成26年4月12日(土)

トピックス展】「兵庫に暮らす2種類のカラス」が開幕しました。


           
〜県立人と自然の博物館〜


兵庫県には、2種のカラスが生息しているのをご存知でしょうか?
「えっ、カラスに種類があるの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

今回の展示では、2種のカラスの識別点や、形態・行動・食性の違いを解説し、それらの違いを整理します。
最も身近な鳥でありながら、意外に知られていない2種のカラスの違いを「ひとはく」でお楽しみください。

開催期間:平成26年4月12日(土)〜6月29日(日)

展示場所:兵庫県立人と自然の博物館 3階 トピックス展示コーナー


県立氷上高校の作品

県立氷上高校集合写真
平成26年4月10日(木)
県立高校が県庁の緑化に取り組んでいます

            
           〜県立氷上高等学校〜


★展示場所
 県庁2号館と3号館の間の通路(議会棟1階)

★展示内容
 県立氷上高等学校の生徒の作品(作品名「輪」〜つながり〜)を展示しています。
 花を囲んでいるリース「輪」は、「つながり」という意味が込められています。輪の中にある木で型どった生徒達は、氷上高校の四学科を表しています。今でもこれからも地域の方や多くの人達とつながっていきたいという思いを込めて、このガーデニングを作りました。
 学校で栽培したクリサンセマム、アリッサム、サイネリアなどの植物の他、山から採ってきた植物も展示しております。
 県立氷上高等学校の取り組みを紹介するパネルも展示していますので、是非お立ち寄りください。

★展示期間 平成26年4月中

★学校PR
 営農・食品加工・生活・商業の各学科があります。未来志向型教育の実践による地域の未来をデザインできる人材の育成を目標に、専門的な知識・技術を基礎から学び、各種の資格取得をめざします。
また、地域交流・連携学習など体験的学習を活発に行うなど、地域に根ざした教育活動を展開しています。生徒は部活動や生徒会活動等にも活発に取り組んでいます。

前画面(県教育委員会事務局)へ戻る
過去のワンショット・ニュース/21年度22年度23年度24年度25年度
4月/5月6月7月8月インターンシップ9月10月11月12月1月2月3月