教育委員会ワンショットニュース
〜県庁インターンシップ特集〜
【もくじ】
8月26日(月) 県庁インターンシップが始まりました
8月28日(水) 県庁インターンシップ高校生が県立美術館を取材しました
8月30日(金) 県庁インターンシップ修了式を実施しました

クラークコレクション
竹内次長あいさつ
平成25年8月30日(金)
県庁インターンシップ修了式を実施しました


 8月26日(月)から5日間の日程で県庁インターンシップを実施していましたが、このたび、教育委員会事務局本庁各課で受入をしていた実習生の修了式を実施しました。

★ 日時 8月30日(金)15:30〜
★ 場所 県庁3号館10階 教育委員会室
★ 内容
 ・ 竹内次長から修了書交付
 ・ 竹内次長あいさつ
 ・ 実習生代表あいさつ

 実習生の皆さん、5日間お疲れ様でした。
 慣れない環境での実習で、大変だったと思いますが、この経験を活かして、今後の進路決定など、目標に向かって、日々がんばってください。




                             ▲TOPへ
 
クラークコレクション
実習生代表あいさつ

クラークコレクション 平成25年8月28日(水)
県庁インターンシップ高校生が県立美術館を取材しました


 8月26日(月)〜30日(金)の5日間、県立高等学校128名の生徒が県庁等で、就業体験を行っています。
 教育委員会事務局総務課及び教育企画課に配属された生徒2名が、県立美術館で開催中の「奇跡のクラーク・コレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−」及び「マリー・アントワネット物語展」並びに9月14日から開催の「生誕130年 橋本関雪展」について取材しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●奇跡のクラークコレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−
 「奇跡のクラーク・コレクション」と題した今回の特別展はアメリカ、ウィリアムズタウンのクラーク美術館の印象派ルノワールの作品を数多く展示してあります。その他にもモネやドガなどの作品も展示されてあり印象派特有の光の表現や自然の人々を色鮮やかにとらえたところなどを楽しむことができます。また、その他にもバルビゾン派、アカデミスムの作品、世紀末絵画なども展示されており、59作品が日本初公開となります。

●マリー・アントワネット物語展
 マリー・アントワネットに関する絵画や彼女のゆかりの家宝や資料も見ることができます。また、当時のかつらをかぶる体験もできます。優雅な宮廷生活を送りながらも、妻として母として悩み、最期は一人の女性として散っていった彼女の一生をたどります。

 上記の2展覧会の開催期間は、いずれも9月1日(日)まで!!
 この機会をお見逃しなく

●生誕130年 橋本関雪展
 神戸生まれの画家「橋本関雪」の生誕130年を記念し、彼の作品を集めた「生誕130年 橋本関雪展」が始まります。彼が描いた日本画は、色彩の豊かなものから、色の濃淡や筆の置き方によって様々な色を表した水墨画まであり、今回は、初期から晩年のまでの代表作約70点が展示されます。本展覧会は、第1章から第5章までの全5章で構成されており、橋本関雪という画家の思いや当時の環境を解り易く知ることが出来ます。
 皆様も是非足を運んで、それらの作品をじっくりとご覧ください。
 開催期間:平成25年9月14日(土)〜10月20日(日)


〜県庁インターンシップ記者の感想〜
★川端記者(教委総務課)
【奇跡のクラーク・コレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−】
 綺麗、の一言でした。同じ空や人の肌でもそれぞれ光などによって色が違い、その色の違いによって作品の印象が大きく変わります。筆遣いも大胆なものもあれば繊細なもの、また点が集まって一つの作品を作りだしたものまで様々でどの絵も見ごたえがありました。印象派ならではの雰囲気はもっと見ていたいと感じました。

【マリー・アントワネット物語展】
 絵だけでなく当時のお金やカツラなども展示されていました。当時の華やかさが感じられ日本とはまた違ったよさがありました。その中で授業などからの印象とは違うマリー・アントワネットの母親としての一面なども見ることができ、この展によって色々な顔の彼女を感じることが出来ました。


★石坂記者(教育企画課)
 油絵の魅力が引き出されている作品ばかりで、塗り方によってさまざまな表現や表情があり、絵画展を初めて見た私でも見応えがあり大変良かったと思いました。
 今回の展覧会ではマリー・アントワネットの来場数が3万人以上、ルノワールとフランス絵画の傑作では15万人以上の方が来場されており、人気のある展覧会となっていますのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。



県庁インターンシップ記者
県立西宮南高等学校 川端 志歩(教委総務課配属)
県立高砂高等学校 石坂 進悟(教育企画課配属)










                             ▲TOPへ
クラークコレクション
マリー・アントワネット
マリー・アントワネット
取材の様子
取材の様子

開会式
インターンシップ配置通知書交付
平成25年8月26日(月)
県庁インターンシップが始まりました


 8月26日(月)〜30日(金)の5日間、県立高等学校128名の生徒が、知事部局、教育委員会、県警察本部において、「県庁インターンシップ」を実施します。
 8月26日(月)は、午前中に県庁西館大会議室において開会式を開催し、その後、県庁見学などを行いました。
 午後からは、各受入先に移動し、各々実習を開始しました。

(参考)
県庁インターンシップの実施について(PDF)平成25年8月12日記者発表資料







































                             ▲TOPへ
開会式
開会式の様子(県庁西館大会議室)
県庁見学 議事堂
県庁見学(県議会議場)
県庁見学 災対センター
県庁見学(災害対策センター)


前画面(県教育委員会事務局)へ戻る
過去のワンショット・ニュース/21年度22年度23年度24年度
4月5月6月7月8月ワシントン州友好提携50周年記念高校生交流事業/インターンシップ/9月10月11月12月1月2月3月