平成26年度 記者発表資料
トップページ記者発表一覧平成27年2月<平成27年度 当初予算(案)の概要
平成27年度 当初予算(案)の概要

発表日(連絡) 平成27年2月9日
担当課 教育委員会事務局 総務課 企画広報班
電 話 078-362-3739(内線5617)

 平成27年度 教育委員会の当初予算(案)の概要について、次のとおりお知らせします。

【予算案のポイント】
1 学力向上方策の充実
 子どもたちに、確かな学力を身に付けさせるため、全国学力・学習状況調査の結果等を踏まえた学力向上方策に取り組むとともに、一人一人の能力を伸ばすことができるよう、能力・適性や興味・関心、進路希望等に応じて、学びたいことが学べる高等学校づくりを推進する。
・基礎・基本の定着と知識・技能を活用する力の育成
・生徒一人一人の能力を最大限に伸ばす高校づくり

・多様な教育課題に対応する取組の推進


2 グローバル化に対応した教育の推進
 グローバル化が急速に進展する社会において、豊かな語学力やコミュニケーション能力のみならず、主体性や創造性、チャレンジ精神、リーダーシップ、異文化に対する理解や日本人としてのアイデンティティなどを培い、国際的に活躍できる人材の育成を図る。
・英語教育の充実
・英語教員の指導力向上


3 社会的自立に向けたキャリア形成の支援
 子どもたちが夢や目標をもち、具体の計画を立て、その実現に向かって進んでいく力(キャリアプランニング能力)やコミュニケーション能力、課題対応能力等、社会的自立に必要な能力を育成するため、発達段階に応じて、教育活動全体を通じた組織的・系統的なキャリア教育に取り組む。
・発達段階に応じたキャリアプランニング能力の育成

4 特別支援教育の充実
 障害のある児童生徒の一人一人の教育的ニーズを把握し、きめ細かく適切な教育的支援を行うため、多様な教育的ニーズに対応した教育内容の充実を図るとともに、知的障害特別支援学校在籍児童生徒の増加などに対応するため、特別支援学校の開設など教育環境の整備を推進する。
・一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育の充実
・教育環境整備の推進


5 安全・安心な学習環境の整備
 児童生徒が安心して学校生活を送れるよう、県立学校施設の耐震化を平成27年度末95%達成に向け、積極的に推進する。また、全ての意思ある高校生等が教育を受けることができるよう高等学校等就学支援金を支給するとともに、低所得者世帯の生徒等に対して、授業料以外の教育費負担を軽減するため、高校生等奨学給付金を支給する。
・学校安全と危機管理体制の確立
・就学支援の充実


6 「スポーツ立県ひょうご」の実現
 県民に勇気や希望を与え、地域のスポーツ振興や経済活性化を推進するため、2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿招致に取り組むとともに、多くの本県出身アスリートが活躍できるよう選手強化を支援する。
 また、関西ワールドマスターズゲームズ2021開催に向け、生涯スポーツを振興し、スポーツ実施者のすそ野の拡大を図る。
・生涯スポーツの振興
・競技スポーツの振興


当初予算案のポイント(PDF)
当初予算案の概要(PDF)

・平成27年度兵庫県当初予算(案)知事定例記者会見ページ(兵庫県ホームページへリンク)


 前画面へ戻る
 県教育委員会のホームページへ戻る

All Rights Reserved, Copyright (C) 2014, Hyogo Prefectural Board of Education