平成26年度 記者発表資料
トップページ記者発表一覧平成26年9月姫路城城下町跡(姫路市)の発掘調査成果と発掘調査現地説明会の開催について
姫路城城下町跡(姫路市)の発掘調査成果と発掘調査現地説明会の開催について

発表日(連絡) 平成26年9月16日
担当課 県立考古博物館
電 話 078-437-5589

 兵庫県中播磨県民センター(姫路土木事務所)が実施する(都)船場川線社会資本整備総合交付金事業に伴い、兵庫県教育委員会(考古博物館)は姫路城城下町跡(姫路城跡第324次調査)の発掘調査を進めてきました。
 発掘調査の結果、江戸時代の絵図に描かれていた備前門橋として船場川に架かっていた木橋の構造(一部)を見つけることができました。このことにより、絵図で示されていた備前門(橋)の位置が特定できたほか、外堀の外側で姫路城に関する構造物を初めて発見する事もできました。
 現地指導を受けた広島大学の三浦正幸教授(工学博士)により以下のように評価を受けています。
 ・江戸時代の備前門に架かっていた木橋に間違いない。
 ・市街地において江戸時代に架かっていた木橋の構造が残っている例はきわめて
  珍しい。(後世に鉄橋やコンクリート橋に作り替えられた際に、木橋の構造は
  失われるのが普通である。)
 ・幅1間(約1.8m)の木橋でも当時は立派であるのに、今回の木橋は幅約3間
 (5.4m)以上であり、西国街道に面する立派な木橋であったと推定できる。

  なお、調査成果を広く県民に公開するために現地説明会を開催します。
  日時 平成26年9月20日(土) 11:00~13:00
  場所 姫路城城下町跡発掘調査現場(姫路市博労町)

※遺跡の内容・説明会にかかる問い合わせは以下のとおりです。
〈問い合わせ先〉兵庫県立考古博物館
         担当 総務部埋蔵文化財課長 種定淳介
         電話 079(437)5595(土・日・祝を除く)
        姫路市教育委員会文化財課
         担当 文化財課係長(埋蔵文化財担当)大谷輝彦
         電話 079(221)2787(土・日・祝を除く)
三浦正幸教授(工学博士)〈学識経験者〉
         広島大学文学研究科人文学専攻地表圏システム学講座・文化財
         学分野
         電話 0824-24-6699(研究室)
          ※連絡可能日時等は評価書参照
 
 姫路城城下町跡の発掘調査成果(PDF)
 

 前画面へ戻る
 県教育委員会のホームページへ戻る

All Rights Reserved, Copyright (C) 1997, Hyogo Prefectural Board of Education