平成25年度 記者発表資料
トップページ記者発表一覧平成25年7月<いじめを許さない人権教育教材について
いじめを許さない人権教育教材について

発表日(連絡) 平成25年7月4日
担当課 人権教育課 指導係
電 話 078-362-3792

1 趣旨
 学校教育において、今、「いじめ問題」が生徒指導上の喫緊の課題となっている。また、近年の急速な情報技術の
発展により、インターネットへの暴行動画の投稿など、新たないじめ問題が生じ、いじめはますます複雑化、潜在化し
ている。
 このため、子どもたちが人の痛みを思いやることができるよう、人権教育の基盤である生命尊重の精神や人権感覚
を育むとともに、いじめは「相手の人権を踏みにじる行為であり、決して許されるものではない」ことを子どもたちに
理解させる。

2 具体的な内容について
(1) 教材
 ア 文章教材
  登場人物の心情に迫り、児童生徒の心を揺さぶることにより、自分自身の生活や行動を省み、いじめの抑止に
 つなぐことができる。
 イ 参加型教材
  ロールプレイ等の主体的な学習を通して、児童生徒が自ら問題を発見したり、その解決方法を探求したりして、
 いじめの未然防止や解消に取り組もうとする意欲や態度を育成することができる。
 ウ インターネット教材
  インターネットの使い方によっては、いじめ等の人権侵害につながることを理解し、インターネットの正しい使い方
 と情報モラルを身につけることができる。
(2) 活用の手引き
 各教材のねらい及び趣旨等の説明、指導の観点や配慮事項等を示している。 
(3) 参考資料
 ア いじめはダメ! ぜったいに!(いじめは絶対許さない)
 イ 一人で悩まずに相談しよう!

3 活用について
 各学校においては、県教育委員会事務局人権教育課ホームページからダウンロードして活用する。
 また、各学校保管用として、小学校(特別支援学校小学部を含む)は6部中学校(特別支援学校中学部を含む)
は6部、高等学校(特別支援学校高等部を含む)は3部配付する

いじめを許さない人権教育教材について(PDF)

 前画面へ戻る
 県教育委員会のホームページへ戻る

All Rights Reserved, Copyright (C) 1997, Hyogo Prefectural Board of Education