平成25年度 記者発表資料
トップページ記者発表一覧平成25年6月<兵庫県立美術館特集 新収蔵品紹介「信濃橋画廊コレクション」を中心に
小企画 美術の中のかたち―手で見る造形「近いかたち、遠いかたち―岡普司、重松あゆみ、中西學―」

兵庫県立美術館特集 新収蔵品紹介「信濃橋画廊コレクション」を中心に
小企画 美術の中のかたち―手で見る造形「近いかたち、遠いかたち―岡普司、重松あゆみ、中西學―」


発表日(連絡) 平成25年6月13日
担当課 県立美術館
電 話 078-262-0905

 7月6日(土)から11月10日(日)まで標記展覧会等を開催します。

@ 特集は、関西の現代美術史を語るうえで欠かせない存在である「信濃橋画廊」のコレクションをはじめ当館の
 新収蔵品のハイライトを紹介します。
A 小企画は、視覚に障がいのある方のため「かたち」をテーマに関西在住の3人の作家による作品を展示します。

県立美術館プレスリリース(PDF)

 前画面へ戻る
 県教育委員会のホームページへ戻る

All Rights Reserved, Copyright (C) 1997, Hyogo Prefectural Board of Education