学校長挨拶

兵庫県立有馬高等学校のホームページにご訪問いただきありがとうございます。

  有馬高校は、明治29年の開校以来、幾たびかの変遷を経て今年で創立121年を迎えています。豊かな自然と由緒ある街並みに抱かれた学舎は、創校の志と共に伝統と歴史を受け継ぎ、「まこと つよく きびしく たのしく」の校訓のもと、環境問題や自然との共生を視野に入れた、新しい時代の農業教育を発展させていく「人と自然科」と将来の進路を考え、幅広い選択科目の中から生徒自らが科目を選択する「総合学科」の2学科を設置しています。生徒一人ひとりが、「より高い目標を掲げ切磋琢磨しながら自らの能力や個性を最大限に伸ばし、将来の可能性を広げること」に向かって、学習や部活動・学校行事などに全力で取り組んでいる学校が有馬高校です。現代の社会は、情勢も厳しく何事に付けてもランク付けや順位付けが盛んな時代で、教育の世界においても同様です。私たちは、短期的な成果を追求することも大切ですが、10年後・20年後に本校を卒業した生徒が「有馬高校で学んだから今がある」と胸を張って応えられる「真の力」をつけることが最も大切であり、「本物の学び・真実の学び」をこの学舎で実現したいと考えています。一人ひとりが自己の進路実現と可能性に挑戦し続ける有馬高校に、今後とも温かいご理解とご支援を賜りますよう、お願いいたします。

 平成29年 4月 兵庫県立有馬高等学校 学校長 福本 貢
 

学校概要
学校長挨拶
校訓・教育目標
沿革
学校施設
 アクセス
学校経営の重点
校歌
学校評価
一日の時程
進路実績 
 教科書