平成29年12月21日


平成29年度 環境講演会


 「自分の夢を仕事にする」

プラントハンター/そら植物園 代表 西畠 清順氏


本校ではエコスクールとして、毎年各方面から講師の先生をお招きして環境講演会を実施しています。本年度は、プラントハンターとして世界数十か国を旅して植物を採集し、その植物を生活環境空間に生かす取り組みを幅広くされている、西畠清順さん(そら植物園代表)に来ていただいて、12月14日(木)に本校体育館で講演していただきました。

まずご講演の前に、DVD(2011年3月毎日放送<情熱大陸>)でこれまでの活動の紹介。あまり植物には興味がなかったが、食中植物との出会いからその魅力に取りつかれ、危険なところにまで憧れの植物を求め出かけていくまでになったその様子。また雪深い土地から真冬に桜の枝を切り出して、開花を待ち望む人たちに思い思いの時に桜を咲かせてみせるところなど、とても興味深いものでした。

さあいよいよご登場。体育館後方入口から、万雷の拍手でお出迎えしステージ前へ。 「始めさせてもらっていいですか。」あっという間に、セイジュンワールドに引き込まれるという感じでした。お話は多岐にわたり、 ・プラントハンターというのは、必要としている人にその人の望む植物を届けています。職業というもののまさに原点ともいえるものでは。その国により、植物の値打ちが変わり日本で100万のものが、イタリアで400万、中南米で2000万。シーボルトは、日本の植物をヨーロッパに持ち帰り、プラントハンターのような存在です。各方面から相談が舞い込みます。福岡のホームセンターでの植物迷路。東京のミッドタウンで巨大富士。シンガポールからは日本とシンガポールの国交50周年に桜を咲かせるイベント。大きなお金が動きます。いろいろアイデアを練ります。

こうした中で、いろいろなことを言われたりしますが、声を大にして思いを語れば、協力してくれる人が必ずいます、応援してくれる人が必ずいますと、現在神戸で行われている世界一のクリスマスツリー企画での苦労話と絡め、どうか好きなものも見つけ強い気持ちで追いかけ続けて欲しいと、生徒へ「自分の夢を仕事にする」と熱く語って下さいました。 その後の質問に対しても

1. DVDでの探していたサンスベリアは採れたのですか?

ダメでした。でも、採れなくても、採ろうとするまでにいい出会いがあります。

2. 今までで一番びっくりしたときは?

ハチ。ヒル。そう、熊と出くわしたときは、大声を出して撃退しました。

3. 外国の植物もさることながら、日本の植物で一番お好きなのは?

桜ですね。

そのあとにとあるプレゼン動画につなげて下さいました。

生徒会からのお礼の挨拶のあと、お忙しい中(この後も、すぐに和太鼓松村組とのコラボで神戸へ<本校では10月に松村組の芸術鑑賞会があり、何かのご縁を感じます。講演会中にこのことも話題になりました。>)、スケジュールの間を縫ってお越し下さった西畠さんに、全校生で応援メッセージとして、 「尼北高校チャチャチャ、西畠清順チャチャチャ、クリスマスツリーもできあがり、祝って三度チャチャチャ」 と発して送り出しました。とてもフレンドリーな講演会となりました。

<生徒の感想>

  • すごく西畠さん自身も面白くて、講演もずっとワクワクしながら聞くことができました。植物は人をつなぐことができるという言葉にすごく感心しました。僕が見た番組でもその言葉を口にしていましたので、本当に大切にしている言葉なのだなあと思いました。僕の心にもグッときました。
  • 最初の入場するところから、スタバのコーヒーをもって、リュックを背負っていたのがとてもインパクトがあって面白かったです。
  • だんだん話を聞いていくうちに、本当にすごい人だと思って感動しました。私も植物はとても好きです。見ていると癒されるし、大人になったら自分の家でかわいい花を育てたいなと思っています。動画にあった、時期を決めて咲かせる桜は、本当にキレイでした。「目標」についてのお話も参考になりました。楽しかったです。
  • 動画に出てきた温室は、私の通っていた保育所の近くにあり散歩のときなどに住宅地に立っている謎のビニールハウスにいつも何なのだろうと疑問に思っていました。しかし今回初めてあのビニールハウスであんな凄いことが行われていると知り川西から世界につながっているのだと嬉しく思いました。とても面白かったです。
  • 今まで出会った中で一番凄い人だった。植物のパワーが感じられた。プロジェクトの企画力だけでなく人間としての魅力もたっぷりで、ああいう風な人間になりたいと思った。神戸に17日、クリスマスツリーを見に行こうと思う。 ・プラントハンターは、世間にあまり知られていないけど、大金を動かすすごい職業だと思いました。植物に対する情熱や美しさを感じました。自分のやりたいことに対して純粋に進んでいく大切さや、それに伴う周りの助けの偉大さを知ることができました。一番良いなと思ったのが、目的に向かう途中で多くの大切なものを得ることができるという言葉です。
  • 植物は身近にありふれて、考える機会がなかったけど、探し求めている姿を見て、すごく生命力を持ったものだと感じました。特に印象に残っているのは、桜の咲く時期を調整できるということです。植物は、人種も性別も関係なく感動させる力をもっていることが知れて本当に有意義な講演でした。夢や目標に向けてずっと寄り道をせず努力して、人に自分の考えを伝えることのできる力を身につけていきたいと思います。 ・自分の興味あること、決めたことを気持ち一つでやることが大切だと思った。自分も旅をすることが好きなので、共感できることが多く、人として、男として、すごく尊敬するし格好良かった。西畠さんのような強い人にはなれないかもしれないけど、自分が決めた道に突き進めるような人になる。20年後、ママチャリハンターという職業ができるくらい、ママチャリハンター一代目になって、みんなの前で話ができるように、今、受験勉強をし、自分が決めた目標にうかれるように熱く頑張る。プロセス重視の人生が送れるようにするぜ!
  • 普段はその辺にある1本の木、草といった植物が、世界中をつなぎ、人と人をつなぐという点に感動しました。
  • 最後に流れていた動画で、桜がライトアップされ、世界のいろいろな人が驚いているのを見て、とても感動し、ウルッときました。
  • 世界各地を周り、自分を貫いて成功し、植物の力で様々な国と国を繋いでいく…。本当にカッコイイひとだなと思いました。
  • 一歩間違えると300万円もの損になると聞いてすごい気を遣う大変なお仕事をされているのだと思ったのですが、好きなことをして働けるという喜びと楽しさが伝わってきました。

  • ネットでたたかれていることや、ハチにおそわれたこと、ヒルにかまれたことなど、苦悩もあったのに、それを笑顔で話すこの人だからこそ、こんなにすごい人になっているのだろうなと思いました。
  • 「念ずれば花開く」という言葉に元気づけられた。これと決めたものを見つけて、そのことについてまっすぐな人は、こんなにも生き生きとしているのだと感動しました。 ・神戸のクリスマスツリーで初めて知ったが、まさかこんな素晴らしい方が尼北で講演してくださるなんて良い経験ができたし、こんな人生もあるのかと知る機会にもなりました。
  • 毛沢東の子孫から連絡があったっていうのがとても驚きです。知れば知るほどすごい人なのだなあと思った。
  • 話し方とかすごく面白くて、本当に素晴らしい人なのにあまり壁を感じなかったし、話も入ってきやすくて、すごく自由で楽しそうに生きている感じだったけど、命がけで植物をとったり、感動して涙を流したり、たくさんの人とのつながりがあったりして、本当にすごいと思ったし、自分の好きなことを仕事にしていて、すごく憧れるし尊敬します。
  • 植物を見ているときの西畠さんの目がキラキラしていてすごくよかったです。また、英語が話せていたので、やっぱり英語を話せるのはいいなあと思いました。
  • 映像の中で登場してきたいろいろな植物が全て美しく思いました。特に最後のプレゼンの映像に登場した桜は非常に美しくまさに心を奪われるといった感覚でした。 ・今日の講演をきいて植物のすごさや魅力を感じることができた。植物を見る目が変わった。西畠さんの本を買ってみようと思います。
  • 国家レベルの巨大プロジェクトを何度もこなしてきたという事実に度肝を抜かれた。
  • 神戸のクリスマスツリーの企画者だと知っていて、ネットで叩かれていることも知っていたのですが、叩いている人は、ただの勘違いで叩いていたと知り、やっぱり無知は一番の恥だなあと思いました
  • 最初のDVDを見たとき「野生児のような人だなあ」と思いましたが、会社を経営し、たくさんもうけることができる、さらに様々な国へいくのですから当然英語を話せるというのが、よく考えるとすごいなあと思いました。
  • 外国から日本に植物を輸送するのに船で一か月かかるということ、その費用が100万円以上だということに驚きました。
  • あれほど世界をまわっていろんな植物をみてらっしゃるのに、一番好きな植物が「桜」っていうのが心にきました。プレゼン前の2分の映像の中に出ていた桜のライトアップに世界中の人が感動しているのを見て、自分も感動しました。
  • 語学留学し、植物に出会って強い影響を受け、それを仕事にすることができる西畠さんは本当に行動力のあるすごい人だと思いました
  • 地域によって木の価値がかわることに驚いたし、普段は何とも思われない木でも、外国の方からしたら珍しいものだということが新鮮だった。これからもたくさんの珍しい植物やきれいな植物を外国からとってきて欲しいなと思った。
  • 金銭感覚がおかしくなりそうなぐらい金の話をされたけどめちゃめちゃ面白かったです。
  • 植物で、世界の人が笑顔になっていてすばらしいものなのだと思いました。
  • 前日に世界一高いツリーを見に行っていまして、イルミネーションとかとてもきれいで、びっくりしました。まさか関わった人が来てくれるとは思わなかったです。お金の話とかもしていらっしゃったけど、純粋に植物への愛の大きさが感じられました。
  • プラントハンターという仕事は、国家プロジェクトにも参加し、すごい仕事だとわかった。世界一のツリーとか、おおきな富士山とおおきな桜とか作ってさすがと思った。
  • 世界を飛び回って珍しい植物をとってくるということは危険だけど面白そうだと思いました。1億円の仕事など、大金を動かせる仕事はすごいプレッシャーなのにまた次の仕事につなげるなんて、すごいと思いました。
  • 人が何かをしようとすることは大事だが、その道の途中にも大事な物があるという言葉に感動した。プラントハンターときいて、植物を狩るという意味で、あまりいいイメージはなかったが、西畠さんの活躍を見て、絶滅寸前の植物の一部を切り取って持ち帰ったあとに育てて植物を保護していることがわかった。
  • いろいろな人、国から依頼を受け、危険をおかしてまで植物を見つけ、それを育てて、有る場所から無い場所に運び、その良さを伝えるという活動は、プラントハンターという人にしかできないすばらしいものだと思いました。
  • 木一本で、50万人の関心をひけることを知って、驚きました。
  • 少し前まで生け花を習っていたので、講演をきいてまたやりたいなと思いました。
  • 私も一度、あの赤い樹液が出る木を生で見てみたいなと思いました。
  • 植物のことについて詳しく教えていただいてとてもわかりやすかったです。最後の一つ一つの質問に対する返答にも、とても長く詳しく返してくれてよかったです。
  • 1年の8割以上をホテルで過ごすとおっしゃっていて、毎日慣れないところでしっかり寝られているのかと思いました。

西畠さんお忙しいところありがとうございました。今後ますますのご活躍を願っています。