?

学校長挨拶

兵庫県立相生産業高等学校
校長   桑野 貢

 兵庫県立相生産業高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 

本校は、ペーロン競漕で有名な相生湾からの潮風もすがすがしい、山海の幸に恵まれた相生市に立地する高等学校です。
  昭和19年2月に造船の町である相生市、相生市民の強い要請によって、相生市立相生造船工業学校として設立され、同年4月18日創立開校式を挙行いたしました。昭和20年に兵庫県に移管し兵庫県立相生造船工業学校と改称し、昭和23年に兵庫県立相生工業高等学校となり、さらに昭和34年に相生市立相生高等学校を合併し、普通、家庭、商業科を加え、現在の相生産業高等学校になりました。その後、様々な変遷を経て、現在は、機械、電気、商業の3科編成となっています。定時制過程は、昭和27年機械、普通科が設置され、昭和37年、産学協同で昼間の機械科を増設し、その後、昭和55年から夜間のみとなり現在に至っています。
 校章は、波穏やかな相生湾を低く飛ぶカモメの上に高の字を配したものです。カモメの姿は平和と将来の飛躍的発展を強くあらわしています。今年で、創立73周年を迎え、卒業生は2万2000人を超え、西播磨地区を中心に関西全域で活躍されています。校訓「誠実・創造・努力」のもと、確かな学力と主体的・自主的に生きる力の涵養に努め、豊かな人間性と社会性を備えた地域社会を支える有為な人材の輩出に取り組んでまいりました。
 現在も、勉学と部活動の両立とともに、国際交流とふるさと貢献活動を積極的に推進し、地域社会の伝統文化を大切にした特色ある教育活動を展開しており、地域産業を支え、地域社会の発展に貢献する人材の育成に努めています。高大連携や高専連携の授業を展開しながら学びの深化と高度化を図り、「夢にときめけ、明日にきらめけ」を合い言葉に、すべての生徒の希望が叶えられる学校として着実な歩みを進めています。
 これからも、生徒の夢や目標を実現させる教職員の実践的な指導力の向上を図りながら、生徒の規範意識を高め、安全・安心で地域に信頼される魅力ある学校づくりに邁進してまいります。保護者の皆様、同窓会の皆様、地域の皆様には、今後ともなお一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 
 
 

兵庫県立相生産業高等学校
〒678-0062 兵庫県相生市千尋町10-50
TEL:0791-22-0595
FAX:0791-22-1627
E-mail:aioi-ihs-ad@hyogo-c.ed.jp
Copyright (C) 2009 Hyogo Prefectural Aioi Industrial High School AllRights Reserved.
ページの先頭へ